医療ダイエットのすすめ

レモネードダイエットで肥満細胞にアプローチ

レモネードダイエットはプチ断食をするタイプの方法で、デトックスも行うことができます。レモネードを使って体をいったんリセットし、代謝が高くて免疫力の高い体にしていくことができます。普通のプチ断食との違いは、肥満細胞にアプローチして体脂肪をしっかり落とせるダイエットであることです。肥満細胞に働きかけることができますので、体脂肪もしっかり落とせてリバウンドのしにくい痩せやすい体にしていくことができます。肥満細胞にアプローチできるレモネードダイエット方法は断食と似たダイエット方法であり、デトックスの効果が高い方法です。朝起きた空腹の状態で人肌に温めた水1リットルに天然塩10gを溶かしたものを、できるだけ時間をかけずに飲み干します。この腸内洗浄で消化器官が綺麗になったら、食事はレモネードのみで過ごします。期間としては、三日間から十日間が目安です。すぐに始めることもできますが、ダイエットをいったん始めると断食をすることになりますので、普通の食事からいきなり始めると体に負担がかかります。そのため、始める一週間前くらいから、野菜中心の食事に切り替えるなど、体の負担を減らせるように準備をしておくとよいです。飲むペースとしては、2時間に1度くらい、1回に飲む量は300ccが目安です。時間に関わらず、空腹を感じればいつ飲んでも大丈夫です。
作り方としては、ぬるま湯にレモンの絞り汁、メープルシロップ、唐辛子粉を混ぜます。大さじ2杯のレモンの絞り汁に純粋なメープルシロップを大さじ2杯、唐辛子粉が小さじ1/10、ぬるま湯300ccが目安です。これで必要な栄養は満たせるため、余計なものはありません。ただし、材料を自己判断で下手に削ると必要な栄養が満たせなくなることが考えられますので注意が必要です。