医療ダイエットのすすめ

ごぼう茶と足つぼマッサージをダイエットに活用

東洋医学の伝統から学んでダイエットをすれば、体の自然治癒力を高めながら痩せることができます。ごぼう茶にはむくみ解消や便秘予防などの効果がありますが、カロリーはほとんどないために、ダイエットで大活躍する飲み物です。ごぼう茶を飲みながら足つぼを刺激すれば、経絡を通じて気の流れが改善して全身の免疫力が高まります。

ごぼうは薬用として日本に持ち込まれたのが始まりで、現在でも漢方薬の原料の一つになっています。オタネニンジンと同様にサポニン類が皮に含まれるため、ごぼう茶から摂取すれば細胞の老化を防ぐ効果も期待できます。血流を良くするためにも有用となりますから、健康のためも考えて飲むことが流行っています。

足つぼを刺激することで改善するのは肩こりや腰痛だけではなく、内臓の不調にも効果を発揮します。経絡は五臓六腑と密接につながっていて、表面に出ているのが経穴です。経穴の種類の中でも足に集中するのが足つぼで、青竹踏みなどをして刺激できます。足には多種多彩なつぼがありますが、ダイエットのためにも有効な経穴があり、刺激することで新陳代謝などを高められます。場所を探すのは簡単で、経穴と経絡の図面を参考にすれば分かります。

ごぼう茶は何度飲んでも飽きないもので、普通のお茶の代わりになります。普段はジュースを飲んでいる場合には、ごぼう茶に変えるだけでカロリーを大幅に減らせます。様々な美容効果が出て、健康も同時に推進できます。足つぼのマッサージも平行して行っていれば、体全体の気、血、津液の流れが順調になります。痩せにくい体質が変わって、ダイエットの成果が出やすくなる期待も持てます。成果を確実に高めるために、食事も規則的に行うことが理想です。