医療ダイエットのすすめ

医療ダイエットってどんなことをするの?

ダイエットとは、健康や美容、肥満防止のために行われる運動や食事制限をすることをいいます。現在では糖質を制限したり、水中をウォーキングしたり、特定の食品を積極的に摂取したりする、エステに行って脂肪燃焼を促すなどの方法がさまざまあります。
自己流やエステなどを頼っても痩せられなかった場合におすすめなのが、医療機関で行うダイエットになります。
高度肥満の人が行うものというイメージがありますが、最近では美容を目的とした痩身をサポートするダイエット外来なども増えてきているのです。
病院で行うダイエットは、健康的に痩せることを目的としており、美容要素が強いクリニックなどでは外科的部分痩身施術なども行うこともできます。基本的には体質改善のための生活習慣や食生活の指導を行ってくれ、病院によっては管理栄養士が食事の指導をしてくれる場合もあるのです。高度肥満の人が痩せるために行う場合には、保険の適応も可能となります。また、リバウンドの危険性も少ないことも特徴になります。医療機関ですので薬を使うことも可能なため、食欲抑制剤などを利用する事ができるのです。
基本的には、管理栄養士によってその人の生活スタイルや性格、身体の状態などをトータルに考えて、食事療法などを指導して行くことによって行われるカロリーコントロールなどが行われる食事療法、エネルギーを消費するためのウォーキングやジョギングと言った有酸素運度を行うプログラム、筋肉をつけて脂肪を燃焼しやすくさせるダンベルなどの筋トレ、運動を継続する時間や運動後の行動などを指導して行くことによって運動療法などが行われます。急激に痩せられることはありませんが、ゆっくりと身体に負担をかけずに痩せて行くことができるようになっているのです。
また、医師が指導管理を最後までしてくれるため、自己流でしがちな拒食やストレスによる過食が起こりにくいとされています。
しかし、その分保険が適応されない自由診療の治療費がかかる場合がある、病院に通うのが大変というデメリットも上げられます。
人は痩せることによって、内臓脂肪や肥満を解消して生活習慣病を予防し、健康的になるだけではなく、ファッションを楽しめる、目鼻立ちをくっきりとさせられる、ストレスに強くなれるなどのメリットがあります。しかし、無理に痩せようとすればリバウンドしてしまう可能性もあるため、どうしても自己流のダイエットでは痩せられないという場合には、医療機関に頼ることもおすすめします。